ノロウイルスを予防するには周囲の方の理解と協力が必要です

男女

ノロウイルスの発生源

ベッド

11月頃から流行りだすノロウイルス。ノロウイルスに感染するのには様々な要因があります。初めは食品から感染することが多く、そこから人に感染していく事が多いです。感染しないためには予防が大切となってきます。予防のためにもノロウイルスがどのようにして発生するのか、流れを紹介します。
ノロウイルスが発生する食品は主に牡蛎などの二枚貝であることが多いです。ノロウイルスは海水や川の水で長い間生息しています。基本的には貝の体内で増殖することはなく、人体に感染してから増殖を開始します。また、潜伏期間があるため、発症していなくても感染している人が食品の調理を行なってしまうと感染の確率を高くしてしまいます。ノロウイルスは様々なものに付着します。そのため食品が原因で発症した場合などでは、ノロウイルスの原因を判別できないことも多いです。ノロウイルスを発症しないためにも牡蠣などの二枚貝を食べるときは十分に加熱する必要があります。多少の熱ではノロウイルスは死滅しないため、85℃以上の熱で1分以上加熱してから食べるようにしましょう。
ノロウイルスを予防するためにも貝などの食品は生で食べるのは極力控え、十分に加熱しましょう。ノロウイルスが発生する原因は食品を生で扱うことで起きます。また、手や調理器具をしっかり洗ってから使用しなければノロウイルスを広げる原因になってしまいます。他にも熱や下痢、嘔吐といった症状が少しでも現れていたら、調理を行なうのを控えましょう。そうすることでノロウイルスを予防することができるはずです。