ノロウイルスを予防するには周囲の方の理解と協力が必要です

男女

ノロウイルスの症状

肩を触る男性

近年再びノロウイルスが流行しています。毎年11月頃から流行し、多くの感染者を出します。ノロウイルスに感染しないためにも、毎日の予防が大切になってきます。ノロウイルスの特徴はいくつかあります。どれも苦しい症状ですが、ノロウイルスが原因で死亡した例はないため感染しても安静に休養しましょう。
ノロウイルスの症状が出るまでには感染から1日~2日の潜伏期間が存在します。潜伏期間で増殖後に食中毒の症状や感染症を引き起こすといわれています。食中毒を発症した場合は嘔吐、吐き気、腹痛や下痢といった症状が表れます。また、発熱も同時に発生します。ノロウイルスに感染してから初期の間は微熱がでますが、急に症状が出始めます。中でも吐き気が辛く、1日に何度も嘔吐を繰り返す方も少なくありません。また、吐き気が収まった後も下痢や腹痛が続きます。さらに感染者が排出した糞便や嘔吐物に触れてしまい、身体の粘液から身体の内部に侵入されると感染してしまいます。そのため、周囲に症状が現れた場合は感染の予防と感染が広がらないように考慮する必要があります。
ノロウイルスの症状は1日~2日で治りますので、他の方に感染させないように自宅などで安静にしておいた方が良いでしょう。また、看病する方も感染を広げないためにも適切なノロウイルスの予防方法を知っておきましょう。ノロウイルスは感染力が高いため、できるだけ感染させないように予防することが大切になってきます。